広告と薬事法について知っておこう

ダイエットサプリの広告を見て選ぶ人も多いでしょう。

広告には注意点があるのでここでは紹介します。

薬事法違反について

ダイエットサプリの広告によっては知らず知らずの間に、薬事法に違反しているものもあります。
例えばダイエットを成功させたいという人の気持ちにつけこんで、このサプリを飲んだら絶対にやせるとか、これだけ痩せるといった効能が記載されているものがあるのですが、それは実は薬事法では禁止されている行為です。
業者も販売しないといけないので、ある程度の広告は許されているのですが、薬事法では効果や効能は出してはいけないことになっていますので、それを出している製品があれば、これは違反と言えるでしょう。
栄養を補うために販売されているという本来の目的があるので効果、効能はあまり書いてはいけないのです。
薬事法については、コチラのページでも(http://www.yakujihou.com/content/rule.html)確認できます。


罠にひっかかってしまう人も

広告のなかで薬事法にはひっかからないような曖昧な表現をしている製品も数多くあります。
そのために販売心理、購入心理をついてきて、買わせてしまう製品もあるのです。
なかでも脂肪燃焼系のダイエットサプリは広告を読むと、それだけで燃焼して痩せられる気がするかも知れないのですが、もし本当に効果がある製品なのでしたら、誇大広告を出さなくても効果が出るはずなので、あまりにも誇大広告と思われるような場合には本当に注意しなければいけません。

安心して飲むことができるサプリは薬事法違反をしていない広告を出しています。

関連記事: